トマトの誘引には誘引紐とトマトクリップが最適〜農業体験農園で野菜栽培〜

誘引や摘芯など管理が大変な作物に役立つ商品が揃う【養液栽培・水耕栽培ラボ】〜トマト・ナス・キュウリなどの誘引に便利な誘引紐・トマトクリップ〜

誘引や摘芯など管理が大変な作物に役立つ商品が揃う【養液栽培・水耕栽培ラボ】〜トマト・ナス・キュウリなどの誘引に便利な誘引紐・トマトクリップ〜

誘引や摘芯など管理が大変な作物の栽培には、作業の省力化を図れる便利な道具を使用するのが得策です。トマト・ナス・キュウリなどを栽培する際、1組で引き上げます。

そこで役立つのがトマトクリップです。ワンタッチで誘引作業が行えるので、面倒な作業を省力化出来ます。

誘引に必要な道具をお探しなら【養液栽培・水耕栽培ラボ】まで

誘引に必要な道具をお求めの方は、誘引紐やトマトクリップ・HDフック・バトーボビンなどを取り扱う【養液栽培・水耕栽培ラボ】をご利用ください。【養液栽培・水耕栽培ラボ】で取り扱っているトマトクリップは、つるや茎への負担が少ない軽量のプラスチック製です。 

生分解プラスチックの誘引紐、トマトクリップも揃えております。

トマトクリップはワンタッチタイプだから簡単に使用出来、耐久性にも優れています。1個あたりの単価も安く、コストパフォーマンス抜群の誘引器具です。誘引紐は、施設園芸先進国のオランダから輸入した商品をご用意しています。白以外にも、赤や緑もあります。その他にも、茎をサポートするトラスアーチ、2本仕立ての裂け防止するツインフックも扱っていますので、トマト・ナス・キュウリなどの栽培に役立つ商品がきっと見つかります。

注目を集める新たな農業ビジネス〜現役の農家の方たちが指導する農業体験農園〜

注目を集める新たな農業ビジネス〜現役の農家の方たちが指導する農業体験農園〜

農業の新しいビジネス形態として脚光を浴びている農業体験農園。現役の農家の方たちと地域住民との交流により、付加価値を生み出す新たなビジネスモデルとして注目されています。農業体験農園とは、簡単に言えば“体験つき契約販売”です。

現役の農家の方たちが所有している農地を使って、1年を通じて入園者を指導します。農具の使用方法をはじめ、正しい播種、苗の植え付け、栽培管理や収穫までしっかりと教え、その対価として入園料を受け取る仕組みです。

入園者はプロから直接、栽培の実技指導が受けられる上、高品質な農作物を育てることが出来ます。農地を提供するだけの市民農園とは異なり、地域活性化にも繋がる新たなビジネス形態として魅力的なビジネスと言えます。

お役立ちコンテンツ

誘引で必要な器具をお探しの方は【養液栽培・水耕栽培ラボ】へ

会社名 合資会社 農業技術研究会
住所 〒960-0101 福島県福島市瀬上町東町1-5-8
TEL/FAX 024-554-5146/024-554-5173
URL https://www.atr-net.com

お問合せ・ご相談はこちら

ご不明点などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

024-554-5146

当社は、養液栽培、水耕栽培に必要な商品として、カルチレンロックウール(輸入代理店)、ココマット(インド,スリランカ産)、EUから微量要素、誘引紐、トマトクリップ、HDフック、バトーボビン、遮光剤、トラップテープなどと中国産、国産の単肥及び養液栽培用肥料を取り扱っております。
古代微生物群、光合成細菌等の有用菌を含有する資材グラビトンシリーズの「グラビトン スイーパー」、アミノ酸配合の「グラビトン 大地の力 光」を販売しております。
小規模植物工場向けの「アグリファミリア」の販売設計もご提案致します。

エンザ社のパプリカ、トマトの種子も扱っております。
御連絡、お待ちしております。

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

024-554-5146

合同会社 農業技術研究会

住所

〒960-0101
福島県福島市
瀬上町東町1-5-8