微量要素について

ホウ素やモリブデン、亜鉛、マンガン、銅、鉄といった微量要素は植物の成長に必要不可欠な栄養素です。元々、土壌にはこれらの元素が含まれていますが、水だけで育てる水耕栽培では、これらをほとんど得ることが出来ません。そのため、必要な栄養を与えることで、植物の育成を手助けすることが重要になってきます。こちらでは微量要素についてご紹介したいと思います。

ホウ素(B)

植物の細胞壁生成のための重要な役割を持つホウ素は、水分や炭水化物、窒素の代謝や、糖やカルシウムの吸収にも関係しています。花や実、根の成長には欠かすことが出来ない栄養素であり、ホウ素が不足すれば新芽が枯れたり、根の育成が不十分になったりするなど、植物の全体的な成長障害を引き起こします。しかし、逆に濃度が高すぎても、葉が黄色や茶色になるなど過剰障害を引き起こしてしまいます。

モリブデン(Mo)

根から吸収された窒素をたんぱく質にする過程で重要な働きをします。必須元素の中では必要量は最も少ない元素ですが、不足すると茎の伸びが悪くなり、葉に黄色の斑点が出るといった症状が見られます。また、広葉植物では葉が内側に巻くといった症状が見られます。

亜鉛(Zn)

葉緑体の形成や植物成長ホルモンの調節などに欠かせない栄養素です。植物の成長するスピードに関わり、亜鉛が不足すると葉が小さくなったり、変形したりと生育が悪くなり成長が止まります。

マンガン(Mn)

光合成を行う際に必要な成分のひとつであり、酵素の活性化を助ける役割も持っています。
マンガンが不足すると葉の所々が黄色くなり、病気にかかりやすくなってしまいます。さらに不足した状態が続くと葉の一部に白い斑点が現れます。基本的に欠乏することはほとんどありませんが、油断は禁物です。

銅(Cu)

銅もまた、光合成を円滑に行う際のサポートを行います。新芽が成熟して花や実をつけるための重要な役割を持っています。銅が不足すると葉が縮れ黄色や白くなり、根の成長が止まるといった症状が見られます。

鉄(Fe)

呼吸や光合成に関わっています。また、鉄は光合成に必要な葉緑素であるクロロフィルの合成に必要不可欠な元素です。不足すると緑が残るのは葉脈の部分だけになり、それ以外は黄色や白くなります。

当社は資材輸入販売店として、ロックウールココマット炭酸ガスといった養液栽培、水耕栽培に必要な商品を扱っております。単肥や誘引具も販売しておりますので、是非養液栽培や水耕栽培を行う際にお役立てください。また、セイヨウマルハナ蜂の輸入販売もしております。ご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。