微生物資材で日射不足・低温対策|養液栽培・水耕栽培ラボ

水耕栽培を行う際のポイント

水耕栽培初心者の方は、何から始めればいいのか分からないことが多いのではないでしょうか?水耕栽培の場合は、当社の栽培ユニットアグリファミリアの酸素供給方法について知ることをおすすめ致します。それらについて知ることで、水耕栽培について理解を深めることができます。

そもそも栽培ユニットアグリファミリアとは?

そもそも栽培ユニットアグリファミリアとは?

栽培ユニットアグリファミリアは、当社自慢の植物工場の栽培ユニットです。スチール棚(W1200xD450xH1800mm)が3段と上面にLED照明付きで、栽培槽(350x265x115mm)は1段に3個あります。

栽培数は栽培槽でレタスなら6株、水菜タイプなら12株、1ユニットで54株、108株可能です。温度22〜26度、湿度約60%が可能な環境で、これは人が通常作業している環境となります。潅水作業(養液の供給)と照明との間隔調整、収穫は人手で行います。葉物ならほとんどが栽培可能です。

酸素供給の方法

酸素供給の方法

水耕栽培では根に適度に酸素を送らなければなりません。現在の水耕栽培は、酸素を供給する為に、全て水を動かす必要があります。

しかしその為には、大型ポンプやタンク設備などを用意しなければならないため、初期投資や工事、メンテナンスなど、かなりの費用が必要となります。

その点当社の栽培ユニットアグリファミリアは、水を動かすことなく酸素を供給することが可能です。アグリファミリアの酸素供給方法は、まずスポンジに播種した定植の苗を栽培マットの穴に詰め、マットをパーライトの上に置きます。

そうすることで、空気中と接触した根は酸素を取り入れ、養分は下の根から吸い上げます。ポイントとしてはパーライトの量です。パーライトの量が少ないと酸素が不足してしまい、逆に多いと根の張りが遅くなってしまいます。パーライトの大きさと量をしっかりと計算することで、酸素を安定して供給することが出来ます。

クリニックや老人介護施設などにおすすめ!

低カリウム葉物(腎臓病患者向け)の栽培もアグリファミリアで栽培できます。既に百貨店でも取扱われており、患者さんのみならず、一般の方もお買い上げいただき、癖がなく大変甘みがあるとの評価を受けております。

アグリファミリアを使用すれば低カリ栽培(葉もの)もオフィス内で栽培ができるので、クリニックや老人介護施設などの現場でもご使用いただけると考えます。

 

当社は水耕栽培に役立つ品質のよい微生物資材を販売しています。「グラビトンスイーパー」「グラビトン大地の力光」などの微生物資材を取り揃えており、光合成細菌や枯草菌、放線菌、アミノ酸などを配合しております。日射不足改善・低温対策などに、是非当社の微生物資材をご利用ください。植物が元気に育つようにサポート致します。

お問合せ・ご相談はこちら

ご不明点などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

024-554-5146

当社は、養液栽培、水耕栽培に必要な商品として、カルチレンロックウール(輸入代理店)、ココマット(インド,スリランカ産)、EUから微量要素、誘引紐、トマトクリップ、HDフック、バトーボビン、遮光剤、トラップテープなどと中国産、国産の単肥及び養液栽培用肥料を取り扱っております。
古代微生物群、光合成細菌等の有用菌を含有する資材グラビトンシリーズの「グラビトン スイーパー」、アミノ酸配合の「グラビトン 大地の力 光」を販売しております。
小規模植物工場向けの「アグリファミリア」の販売設計もご提案致します。

エンザ社のパプリカ、トマトの種子も扱っております。
御連絡、お待ちしております。

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

024-554-5146

合同会社 農業技術研究会

住所

〒960-0101
福島県福島市
瀬上町東町1-5-8