水耕栽培で注意したい害虫

害虫が付きづらいのは水耕栽培の魅力の一つです。しかし、水耕栽培でも作物を育てているので虫が寄ってくる可能性はあります。そこでこちらでは、水耕栽培で注意したい害虫をご紹介します。

アブラムシ

トマトなどの長期間栽培する野菜に多く見られるのがアブラムシです。植物の液汁と一緒に養分も吸い取ってしまうので、葉が弱ってしおれてしまいます。アブラムシが排泄する糖分を含んだネバネバとした液体はアリの大好物ですので、アリを見かけたらアブラムシがいる可能性が高いです。

・対策

アブラムシは大量に繁殖するので、予防策としてネットを被せるのがおすすめです。
それでも付いてしまう場合には、こまめに手で取り除くなどの対策が必要です。

コナジラミ

コナジラミの成虫は小さな蛾のような虫で、翅があるので葉の揺れに合わせて飛び移ります。葉の裏に卵を産み、生まれた幼虫が葉の汁を吸って栄養を奪ってしまいます。また、排泄物の影響でカビが発生する恐れもあります。

・対策

作物や葉の美観を大きく左右するため、こまめに取り除く必要があります。コナジラミの成虫が葉に移るのを避けるためには、粘着テープを活用するのがおすすめです。

アザミウマ

成虫・幼虫共に被害をもたらすのがアザミウマ(別名スリップス)です。非常に小さいので肉眼では見えにくいですが、葉や枝を振った時に落ちてきます。アザミウマは、他の吸汁性害虫に見られる吸管がないので、傷を付けるように液汁を吸います。そのため、葉の表面に薄黄色の点描が現れて糞が付着します。また、葉の裏の部分に光沢感があるのも特徴的です。

・対策

アザミウマの成虫にも翅があるので、粘着テープを使用するのが非常に効果的です。

農薬を使わずに害虫駆除をする場合には、当社で資材輸入販売をしているトラップテープをご活用ください。黄色と青色の2種類ご用意しており、コナジラミには黄色、アザミウマには青色を使うのがおすすめです。

当社では、その他にも水耕栽培や養液栽培で使用するロックウールココマット炭酸ガス・遮光剤などの資材輸入販売を行っております。また、スペインより輸入したセイヨウマルハナ蜂の予約販売も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。