微生物資材(光合成細菌など)なら|微生物資材で注目される菌

微生物資材なら|光合成細菌など|養液栽培・水耕栽培ラボ

微生物資材で注目される菌

健康志向や自然回帰志向の高まりで、農業では菌の力が注目されています。
こちらでは微生物資材で活用されている光合成細菌・放線菌・乳酸菌について解説します。

光合成細菌

植物と同じように、太陽光のエネルギーを利用して光合成を行う菌です。土壌や根の有害物質をエサにして、アミノ酸やビタミン、核酸を作り出し、土壌の抗酸化力を高める効果があります。日照不足による生育不良時には、植物の光合成を助けて正常な育成を促すことも特徴です。

また光合成細菌が作り出す核酸によって、果実の色や糖度、収量が改善し、腐敗しにくくなります。病原性細菌による連作障害や、土壌病害も予防出来るといわれています。光合成細菌が農業に役立つことは多くの研究者が発表しており、微生物資材として注目したい菌です。

放線菌

菌糸を放射状に伸ばしながら増殖するタイプの細菌です。感染症を起こす細菌に対する抗生物質を作ったり、植物の健全な育成に必要な物質を作り出す働きがあります。抗生物質によって雑菌の繁殖が抑えられるため、根の張りが良くなり、病害虫に強い作物として成長します。

また有機物を分解する酵素の働きによって、肥料の吸収も良くなるでしょう。水耕栽培で放線菌をうまく活用すれば、雑菌の繁殖を抑えるための管理コストを、大幅に削減出来ると考えられます。

乳酸菌

ヨーグルトなどの発酵食品でお馴染みの乳酸菌は、文字通り乳酸を生成する菌です。
乳酸菌を散布することで発生する酸は、酵母菌などの土中微生物が増殖しやすい環境を作り出します。その微生物がビタミンやアミノ酸などを生成し、作物の成長を促すのです。
また乳酸菌を葉面散布すると、作物が病気やカビに強くなります。現在では微生物資材の多くに乳酸菌が活用されており、家庭菜園で利用する方も増えています。

当社では、光合成細菌などの有用菌を含む微生物資材「スイーパー」や「大地の力光」を販売しております。「大地の力光」は、ペプチド・アミノ酸配合のミネラル豊富な微生物資材となっております。多収量が見込める高品質な微生物資材を、是非一度お試しください。