水耕栽培に必要な肥料

水耕栽培は土を使用せずに野菜などを育てることが出来る栽培方法であり、多くの方が取り入れております。この水耕栽培で植物を育てるためには土耕栽培同様に肥料が重要となります。当社では単肥を販売していますので、これから水耕栽培を始めたい方は、是非単肥をお買い求めください。

単肥は肥料の3要素のうち1つを含むもの

植物が成長をするためには、カリ、窒素、リン酸の3種類が必要といわれており、これらを肥料の3要素といいます。

・カリ

根や葉っぱを丈夫にして、病気に負けない植物を育てる際に必要となる栄養素です。

・窒素

葉や茎などを成長させるために必要となる栄養素で、発芽後に植物が伸びる時期に特に重要となります。

・リン酸

実や花などの成長に役立つ栄養素で、根菜類や果菜類などには特に多めに与える必要があります。

単肥はそれらの栄養素のうち1種類の成分だけを含んだ肥料のことで、特定の栄養素だけを与えたい時などに役立ちます。

単肥は化学肥料の1種

肥料は大きく分けて化学肥料と有機肥料の2種類に分類することが出来ます。化学肥料は化学的な工程を経て製造される肥料のことで、栄養の濃さなどの調整が可能です。

一方、有機肥料は魚をすり砕いて作る魚粉や植物を燃やして作る草木灰など自然由来の成分だけで作られた肥料のことです。

単肥はこれらの肥料のうち、化学肥料の1種です。化学肥料は素早く吸収されるため、非常に使い勝手が良く、多くの農業関係者が使用しています。

単肥の過剰投与に注意!

単肥の過剰投与に注意!

単肥を使用する際は、過剰投与に注意しましょう。植物が必要としている量以上の栄養素を与えてしまうと、肥料焼けなどの症状を起こしてしまい、最悪の場合枯れてしまうこともあります。

そのため、単肥を与える際はどの栄養素が不足しているのかを見極めることが大切です。

当社は水耕栽培に必要な微生物資材の販売を行っております。光合成細菌アミノ酸配合の微生物資材「グラビトンスイーパー」「グラビトン大地の力光」などを販売していますので、日射不足低温対策などに微生物資材を使用したい方は、是非ご利用ください。また、家庭用水耕栽培キットなども販売しておりますので、そちらも是非お買い求めください。